なた豆茶の副作用

「万能茶」としての評価も高いなた豆茶。副作用はあるの?

 

様々な効能が期待される「なた豆茶」

 

効能が期待される「なた豆茶」

 

「なた豆」という名前の植物があるのをご存知でしょうか?

 

成長が著しい事でも知られていて、あの有名な童話『ジャックと豆の木』の豆のモデルであるとも言われています。

 

さて、最近ではこのなた豆から製造される「なた豆茶」が非常に話題となっています。

 

注目すべきはその成分で、マグネシウムやカルシウムをはじめ、鉄、カリウム、リンなどのミネラルがたっぷりと含まれています。

 

その為、あらゆる事に対し健康維持に期待出来るようです。

 

一つの種類のお茶であるにも関わらず期待されるのは、消費者にとっても嬉しいですよね。

 

お茶は食事のお供として、あるいは喉が渇いた時などにも不可欠なので、このなた豆茶もぜひとも積極的に毎日飲んで健康な身体作りを進めていきたいところです。

 

しかし、植物に詳しい方、あるいは健康志向の高い方であればご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでとある疑問点が浮上します。

 

「マメ科の植物には副作用があるのでは?」という問いがそれです。

 

なた豆茶の原材料であるなた豆も当然マメ科に属するので、心配になりますよね。

 

 

なた豆茶を飲む事で副作用は発生するのか?

 

なた豆茶副作用

 

結論から言うと、適量を飲む場合にはほとんどのなた豆茶には副作用はありません。

 

んん?「ほとんどの」という事は、副作用がある商品も存在するのか!?という話ですよね(笑)。

 

ここから詳しく見ていきましょう。

 

 

原材料のなた豆そのものには副作用がある!

 

なた豆そのものには副作用

 

ほとんどのなた豆茶には副作用の心配はないと述べましたが、なた豆(特に「赤なた豆」という種類)それ自体に、はマメ科の植物には付き物である毒性があります。

 

この毒性による副作用として下痢や嘔吐、腹痛、吹き出物などの症状が出てしまうというわけです。

 

 

なた豆茶を購入する際には品質の良いものを選ぶべし!

 

なた豆茶選ぶ

 

このように強い毒性のあるなた豆ですが、丁寧に加工処理をおこなう事によってそれを取り除く事が出来ます。

 

お茶として市場に出回っているもののほとんどはきちんと毒が抜かれているものなので安心して飲む事が出来ます。

 

しかし、注意をしなければならないのが、極端に価格の安いなた豆茶です。

 

なた豆の毒性を取り除くのにはそれなりの高度な技術が必要になるので、製造工程が極めてデリケートで緻密なものになります。

 

技術が問われる商品なので、極端に安価になる事はあり得ません。

 

あまりにも安いなた豆茶を発見した場合は、気を付けるようにしましょう。

 

 

賢いなた豆茶の選び方とは?商品の安全性に注目!

 

なた豆茶安全性

 

品質の良いなた豆茶を選ぶ為のコツは、その安全性に注目をする事です。

 

その一つの基準となるものが、「ポジティブリスト」を取得しているかどうか、という点です。

 

ポジティブリストとは、食品の残留農薬の規制を強くした制度の事を指し、人体に悪影響のない範囲の残留農薬をきちんと定めています。

 

これを取得しているという事は安心して口にする事の出来る食品であるという事になります。

 

さらに言うと、農薬検査済の記載があったり、国内で生産されたりしている商品であれば尚安心ですね。

 

 

安全ななた豆茶を安心して飲んで健康体を目指そう!

 

なた豆健康

 

このようになた豆茶は非常に優秀なお茶ですが、まれに粗悪品も存在しますので、極端に価格が安いものには注意をして、その安全性に着目をしてから購入を決めるのが望ましいと言えます。

 

また、安全ななた豆茶には副作用はないとは言え、飲み過ぎてしまうとお腹が緩くなる事もあるので、摂取量には気をつけるようにしましょう。

なた豆茶検証 トップ記事


なた豆茶トップ記事

なた豆茶←トップ記事
なた豆茶の効能や副作用、口コミを紹介する他、おすすめのなたまめ茶3選、なた豆茶ブレンドを初め国産なたまめ茶100%使用、伝統爽快なた豆茶の解説もしています。

なた豆茶 伝統爽快なた豆茶 国産なたまめ茶100%使用 なた豆茶ブレンド