なた豆茶の効果

なた豆茶を飲む事で期待できる効果とは?

 

お茶は優秀な薬代わり!薬効を期待してのお茶の歴史とは?

 

食事の際、あるいはのどが渇いた際などに私達が日常的に飲んでいる「お茶」。

 

緑茶、麦茶などたくさんの種類があり、場面や用途によって種類を選ぶ事も出来るので、生活に欠かせない存在となっています。

 

今でこそ何気なく常用されているお茶ですが、その歴史は非常に長く、かつては薬のような感覚で人々から親しまれていました。

 

 

お茶のルーツは中国!解毒薬として大活躍

 

古くからなた豆茶

 

お茶が誕生した場所は、はっきりとした学術的な証拠がない為に一概には言えませんが、一般的には中国の西南部に位置する雲南省からインドのアッサム地方にかかっている山地であると考えられています。

 

中国といえば漢方薬の国としても非常に有名です。

 

その基盤を築き上げたのは神農帝という人物で、あらゆる植物の薬効を自分自身の身体を使って試験をする程の熱の入れ方だったのだとか。

 

しかし、そこで悲劇は起こってしまいます。

 

試験の際に人体に悪影響を及ぼす植物を使用してしまって実に3日間も毒に苦しむはめになってしまったのだそうです。

 

そこで解毒薬として大活躍したキーアイテムこそが私達のよく知っている「お茶」です。

 

嗜好品として人々から愛される前には解毒薬だったなんて驚きますよね。

 

 

現代におけるお茶の位置づけとは?

 

なた豆茶位置づけ

 

現代は医学が発達してあらゆる薬が発明されている為、お茶はどちらかと言うと嗜好品として飲まれる事の方が多くなって来ました。

 

しかし、お茶が優秀なアイテムである事には変わりはありません。

 

薬のような即効性はないものの、お茶を積極的に飲む事であらゆる効能が期待されます。

 

例えば、有名なものでは次のようなお茶の効能が考えられます。

 

  • 烏龍茶…脂肪分を体外に排出
  • プーアール茶…余分な脂質、糖質の吸収を抑えて尚且つ脂肪を燃やしてくれる
  • ヤーコン茶…コレステロールを排出
  • タンポポ茶…美肌、冷えの改善
  • イチョウ葉茶…脳の活性化

※一般的に言われる事で効果効能が有るとは限りません。

 

これらはほんの一部で、お茶の種類は非常に多く存在します。

 

味の好みで選ぶのももちろん素敵なティータイムの為には大切ですが、自分自身の健康状態の為、あるいは美意識の向上の為にお茶を選んでみるのも良いかもしれませんね。

 

 

こんなお茶があったなんて!万能茶の「なた豆茶」

 

万能茶の「なた豆茶」

 

このように、非常に多くの種類がある健康茶ですが、「なた豆茶」というお茶をご存知でしょうか?

 

そんな名前の豆は聞いた事がない!」「なた豆の料理など食べた事がない!」という方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

なた豆とはマメ科の植物で、その形から「刀豆(とうず)」、「帯刀(たてわき)」と呼ばれる事もあります。

 

非常に大きく、大きいものは5メートル以上の丈のものもあり、サヤも40cmから50cmほどまで成長するものもあるのだとか。

 

一説には、童話『ジャックと豆の木』の豆のモデルはなた豆であるとも言われています。

 

馴染のないなた豆ですが、このような話を聞くと少し親近感が湧いて来ますね。

 

さて、そんななた豆茶ですが…様々な方面から健康維持への期待出来ると言われています。

 

一つの種類のお茶に多くの効能が期待出来るとは、まさに万能茶であると言っても過言ではありませんね。

 

なた豆茶には、サポニン、鉄、ビタミン、ミネラルなどの有名どころからカナバイン、コンカナバリンAなどのちょっと見慣れないものまで、あらゆる成分が豊富に含まれており、それが沢山の恩恵の源であるという事になります。

 

このような夢のようなお茶であるなた豆茶。

 

早速今日からでも飲み始めたいところですね。

 

しかし、なた豆茶は飲みすぎてしまうとお腹が緩くなるという副作用が考えられます。

 

たくさんの効能が期待出来るからと言って、飲みすぎには注意が必要です。

 

「過ぎたるは及ばざるがご如し」、とも言うように、過剰な摂取は避けるようにして、美味しくなた豆茶を味わいながら健康な身体を目指していきましょう。

なた豆茶検証 トップ記事


なた豆茶トップ記事

なた豆茶←トップ記事
なた豆茶の効能や副作用、口コミを紹介する他、おすすめのなたまめ茶3選、なた豆茶ブレンドを初め国産なたまめ茶100%使用、伝統爽快なた豆茶の解説もしています。

なた豆茶 伝統爽快なた豆茶 国産なたまめ茶100%使用 なた豆茶ブレンド